• この企業が2020年採用を、実施することを保証するものではありません。
このサイトからのみ受付

アクセス企業に登録→

コード
217
    建設・調査設計・設備工事
    (株)エクノスワタナベ
    • 基本情報
    • もっとPR
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント

    画像をクリックすると拡大できます

    • ダントツの資格取得技術集団
      当社の技術者の資格取得(国家試験を含む)数は、一人平均で8種類以上にも達しています。当社の施工業務が多方面にわたる領域を扱っている事を物語っています。業務として、建築設備、空調、消防、下水、上水、畑地灌漑、そして自然環境復元、造園などが関連分野です。
      当社では資格を取得するために仕事しているのではなく、仕事をこなしている中で、自然と技術をマスターしているという仕事環境である。業務の相互関連が、このように多くの分野の資格を取得できる技術を、身に付けてくれるのです。
    • 社外への果敢な挑戦
      当社、景観事業部では2006年浜名湖フラワーフェスティバルにてガーデニング部門静岡県知事賞受賞、2007年日比谷公園ガーデニング部門金賞受賞と、連続して大きな賞をいただきました。当社の経営方針である自然と共生する快適環境提案業の実践として、ビオトープ分野にて自分達の信念、提案が社外、社会においてどのような評価が得られるかを知るために、「井の中の蛙」に陥らないためにも挑戦しました。この結果は確信を得た評価でした。
      今後もビオトープ分野を含め社外に対し、果敢に挑戦していきます。
    • 社内コミュニケーションの重要さ
      社員数が多くなるにつれ、社員同士の意思疎通が希薄になるのが常であります。この点を、当社は以前より警戒し、対策を講じてきました。社員旅行や家族参加のバーベキュー大会、スポーツではバレーボールチーム、社員親睦ゴルフ、テニスサークルや地域マラソンへの参加もあります。新年会、忘年会など日常の中では得ることのできない社員コミュニケーションの機会を多く提供しています。全ては、仕事において常に個人的、会社的に力を発揮できる環境の源泉は、社員同士の助け合いがベースになるからです。
    • 新時代到来!ストックマネジメント(維持管理・機器の延命)の設備ドクター
      地球温暖化防止は、どの分野においても当然のように課題であり、できることは緊急に対策を講じていかねばなりません。当社分野においても設備機器の延命、省エネ機器の推奨、水の再利用、資機材のリサイクル、フロン回収、太陽光利用による温水器、発電、風力利用発電、湖沼の水質改善などがあり、企業、家庭における重要な機器、インフラに対して維持管理、高効率機器への転換、現状調査など先導し、推進していかねばなりません。これらを行っていくのが設備ドクターです。
      今後の社会では大変重要な分野であり、ストックマネジメントと呼んでいます。当社はこれらに対応できる人材を多く輩出していく予定です。

      新時代到来!設備ドクターの手で!

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • もっとPR
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント
    

    Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

    閉じる